システムエンジニア

【ざっくり解説】SE(システムエンジニア)って実際なんなの?

こんにちは、こもDです。

システムエンジニアという言葉は知っているけど実際にどういう職種であり、どういう仕事をしているのか知らない人もいるのではないでしょうか。

そんな疑問に職歴1年の新米エンジニアが答えていきたいと思います。

システムエンジニアとは

Wikipediaにはこのように定義されています

システムエンジニアの職域に関する明確な定義は存在しないが、日本の企業では慣習的にコンピューターシステムやネットワーク・データベース等の情報システムに関わりながら以下のような業務を行う者を指すことが多い。

·       企画

·       設計

·       開発

·       評価

·       プロジェクトマネジメント

·       コンサル

·       工事

·       保守

·       運用

※参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/システムエンジニア

 

上記を見てもらうと分かると思いますが、システムエンジニアというものは曖昧なのです。

それもそのはず、システムという言葉が曖昧ですから・・・。

そして業務も多様ですし、携わっているシステムによって業務内容も若干変わってきます。

なので、ここでは一般的なシステムエンジニアの仕事内容を紹介したいと思います。

 

そもそもシステムとは

システムで皆さんが一番ピンとくるのはアプリじゃないでしょうか。

毎日使うスマートフォンアプリなどもシステムの一つです。

ネットワーク、サーバという用語は皆さん耳にしたことはあると思いますが、それらもシステムエンジニアが開発しています。(ネットワーク、サーバの詳細は別記事で書きます)

 

一般的な業務

ここでは弱小エンジニアである私が実際に携わったシステム開発についてフォーカスして紹介したいと思います。

 

システム開発の手法もいくつかあるのですが、その中でも一般的なのが『ウォータフォール型』の手法です。この手法は、以下の図のフェーズに分かれており、それぞれのフェーズで行う仕事が異なります。

    要件定義

⇒システムの要件を検討するフェーズです。システムというものは何かの課題を解決するためのものなので、その課題を解決するためにどういう機能があれば良いかなどを決めます。

    設計

⇒要件定義で定めたシステムの仕様について、どのような方法で実現していくかを決めるのがこの設計フェーズです。

    実装

⇒設計で記載したことについて実際に形にしていくのがこのフェーズです。アプリケーション開発で言うならプログラミングをする工程ですね。

    テスト

⇒実装したシステムが要件や設計に沿ったものか確認するのがここです。実際にお客さんが使用することを想定して、あらゆる面を考慮しつつ、試験をしていきます。

    運用

⇒システムは作って終わりじゃありません。お客さんが日々そのシステムを使用するので、止まった場合や故障してしまった場合に迅速に対応できるよう監視などをします。

 

基本的にこれらの流れに沿ってシステムを開発していきます。

 

どのくらいお金もらえるの?

平均年収.JPに記載されている情報だと、年収は550万円だそうです。

(もちろん、弱小SEである私はそんなにもらっていません・・・)

 

より高度な技術を持つエンジニアは貰える給料も多くなります。

また、アメリカなどは日本よりもシステムエンジニアの平均年収が高いといわれています。

 

残業多くて大変じゃないの?

“システムエンジニア=残業多い“というイメージがあると思いますが、結論を言うと、この点については一概に言えません。

なぜかというと、携わっている案件やシステムによるからです。

ただ、実際にシステムエンジニアを1年やってきて、忙しさに“波”があることを実感しました。

システム開発が佳境になると忙しくなりますし、システムの納期後は少し落ち着きました。(この辺も携わっている案件によるかもです)

全員が全員いつもめちゃくちゃ忙しいというわけではないですね。

 

 

というわけで、ざっくりですがシステムエンジニアという職種はこんな感じです。細かい部分は別の記事で深堀していこうと思います。

日本はエンジニア不足と言われていますので、気になる方は目指してもいいのではないでしょうか。