AWS資格

AWS認定資格とは?【種類別に紹介します】

AWSを学びたいからAWS認定の資格を取得したい!

でもどんな試験なんだろう?

 

 

 

おすすめのAWS認定資格を知りたい

 

今回はこんなお悩みを解決するためにAWS認定資格について解説していきます。

この記事を読んで分かること

・AWS認定資格の概要

・AWS認定資格の種類

・AWS認定資格をいま取るべき理由

AWS認定資格とは

Amazon Web Service(略してAWS)を用いたクラウドの専門知識を証明する資格です。

AWSとは、Amazonが提供するパブリッククラウドサービスです。

クラウドインフラサービス(IaaS)市場のシェアは1位ということで、世界中で使われています。(2019年12月現在)

 

世界中でシステムインフラのクラウド化が促進している中で、今後も市場自体が大きくなっていくことが予想されます。

ということは、クラウドエンジニアの需要も今後さらに高まることも予想できます。

資格を保持していれば、自身のスキルを証明できるので、AWS認定資格の取得はメリットがありますね。

 

AWS認定資格の種類

(参照元>AWS認定

AWS認定資格は11種類あり、どれもテストセンターで日本語受験ができます。以下でそれぞれの認定資格を紹介していきます。

基礎レベルの認定

AWS認定クラウドプラクティショナー

AWSクラウドの知識とスキルが身についており、AWSについて全体的な理解を効果的に説明できる人が対象の試験です。

形式 一択選択肢、複数選択肢
時間 90分
受験料 11,000円(税別)
言語 英語、日本語、韓国語、中国語(簡体字)
認定によって検証される能力(一部抜粋) ・AWS クラウドとは何かということ、およびベーシックなグローバルインフラストラクチャについて定義できる

・AWS クラウドのベーシックなアーキテクチャ原理を説明できる

・AWS クラウドの価値提案について説明できる

(参照元>AWS認定クラウドプラクティショナー

 

 

アソシエイトレベルの認定

1.AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト

AWSにおける分散システムの可用性、コスト効率、高耐障害性及びスケーラビリティの設計に関する1年以上の実務経験を持つソリューションアーキテクト担当者が対象の試験です。

形式 一択選択肢、複数選択肢
時間 130分
 受験料 15,000円(税別)/模擬試験:2,000円(税別)
言語 英語、日本語、韓国語、中国語(簡体字)
認定によって検証される能力 ・AWSのテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築およびデプロイするための知識を効果的に証明すること

・顧客の要件に基づき、アーキテクチャ設計原則に沿ってソリューションを定義できること

・プロジェクトのライフサイクルを通して、ベストプラクティスに基づく実装ガイダンスを組織に提供できること

(参照元>AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト

【必勝】AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト合格方法【対策の手順を教えます】こんにちは、こもDです。 先日、AWS認定資格であるソリューションアーキテクト-アソシエイトを受けて、無事合格しました。 ...

 

※2020年3月から新バージョンの試験が開始されるそうです。詳細はこちらから参照してください。

 

2.AWS認定デベロッパー-アソシエイト

AWSベースのアプリケーションの開発や保守おける1年以上の実務経験がある開発者を対象にしている試験です。

形式 一択選択肢、複数選択肢
時間 130分
受験料 15,000円(税別)/模擬試験:2,000円(税別)
言語 英語、日本語、韓国語、中国語(簡体字)
認定によって検証される能力 ・AWS の主要なサービス、使用方法、AWS の基本アーキテクチャのベストプラクティスについて理解していること

・AWS を使用するクラウドベースのアプリケーションの開発、デプロイ、デバッグについて習熟していること

(参照元>AWS認定デベロッパー-アソシエイト

 

3.AWS認定SysOpsアドミニストレーター-アソシエイト

AWSにおける開発、管理、運用に関する少なくとも1年以上の経験を持つ、SysOpsを担当するシステムアドミニストレータを対象とした試験です。

形式 一択選択肢、複数選択肢
時間 130分
受験料 15,000円(税別)/模擬試験:2,000円(税別)
言語 英語、日本語、韓国語、中国語(簡体字)
認定によって検証される能力(一部抜粋) ・スケーラブルで、高可用性および高耐障害性を備えたシステムを AWS でデプロイ、管理、運用する

・AWS との間のデータフローを実装および制御する

・コンピューティング、データ、セキュリティ要件に基づく適切な AWS のサービスを選択する

(参照元>AWS認定SysOpsアドミニストレーター-アソシエイト

 

 

プロフェッショナル認定

1.AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト-プロフェッショナル

AWSにおけるシステムの管理及び運用に関する2年以上の実務経験を持つソリューションアーキテクト担当者を対象としている試験です。

形式 一択選択肢、複数選択肢
時間 170分
受験料 30,000円(税別)/模擬試験:4,000円(税別)
言語 英語、日本語、韓国語、中国語(簡体字)
認定によって検証される能力(一部抜粋) ・AWS で、動的なスケーラビリティ、高可用性、耐障害性、信頼性を備えたアプリケーションを設計し、デプロイする

・提示された要件に基づくアプリケーションの設計とデプロイに適した AWS のサービスを選択する

・AWS で複雑な多層アプリケーションを移行する

(参照元>AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル

 

2.AWS認定DevOpsエンジニア-プロフェッショナル

AWS環境のプロビジョニング、運用、管理において2年以上の経験を持つ、DevOpsエンジニア担当者を対象とした試験です。

形式 一択選択肢、複数選択肢
時間 170分
受験料 30,000円(税別)/模擬試験:4,000円(税別)
言語 英語、日本語、韓国語、中国語(簡体字)
認定によって検証される能力(一部抜粋) ・AWS で継続的デリバリーのシステムと手法を実装して管理する

・セキュリティコントロール、ガバナンスプロセス、コンプライアンス検証を実装し、自動化する

・AWS でのモニタリング、メトリクス、ログ記録システムを定義し、デプロイする

(参照元>AWS認定DevOpsエンジニア-プロフェッショナル

 

専門知識認定

1.AWS認定高度なネットワーキング-専門知識

複雑なネットワークタスクに携わる個人が対象の試験です。

形式 一択選択肢、複数選択肢
時間 170分
受験料 30,000円(税別)/模擬試験:4,000円(税別)
言語 英語、日本語、韓国語、中国語(簡体字)
認定によって検証される能力 ・AWS を使用してクラウドベースのソリューションを設計、開発、デプロイできる

・アーキテクチャの基本的なベストプラクティスに従ってコアとなる AWS のサービスを実装できる

(参照元>AWS認定高度なネットワーキング-専門知識

 

2.AWS認定ビッグデータ-専門知識

少なくとも2年以上AWSテクノロジーを使用した経験があり、複雑なビッグデータ分析に携わっている個人を対象とした試験です。

形式 一択選択肢、複数選択肢
時間 170分
受験料 30,000円(税別)
言語 英語、日本語、韓国語、中国語(簡体字)
認定によって検証される能力 ・基本アーキテクチャのベストプラクティスに従ってコアとなる AWS ビッグデータ関連サービスを実装できる

・ビッグデータを設計および管理できる

・ツールを活用してデータ分析を自動化できる

(参照元>AWS認定ビッグデータ-専門知識

 

3.AWS認定セキュリティ-専門知識

最低2年間のAWSのワークロードの保護に関する実務経験を持つセキュリティ担当者である個人を対象とした試験です。

形式 一択選択肢、複数選択肢
時間 170分
受験料 30,000円(税別)/模擬試験:4,000円(税別)
言語 英語、日本語、韓国語、中国語(簡体字)
認定によって検証される能力(一部抜粋) ・専門的なデータ分類と AWS におけるデータ保護メカニズムについての理解

・データ暗号化メソッドと、AWS におけるその実装メカニズムについての理解

・安全なインターネットプロトコルと、AWS におけるその実装メカニズムについての理解

(参照元>AWS認定セキュリティ-専門知識

※2020年4月から新バージョンの試験が開始されるそうです。詳細はこちらから参照してください。

 

4.AWS認定機械学習-専門知識

開発あるいはデータサイエンスの業務を行っている方を対象としている試験です。

形式 一択選択肢、複数選択肢
時間 170分
受験料 300USD/模擬試験:40USD
言語 英語、日本語、韓国語、中国語(簡体字)
認定によって検証される能力(一部抜粋) ・与えられたビジネスの問題に対し、適切な ML アプローチを選び、その理由を説明できる

・ML ソリューションの実装に適した AWS のサービスを選択する

・スケーラビリティ、コスト効率、信頼性、安全性に優れた ML ソリューションを設計し、実装する

(参照元>AWS認定機械学習-専門知識

 

5.AWS認定Alexaスキルビルダー-専門知識

Alexaスキルビルダーとしての役割を担当する方を対象にしている試験です。

形式 一択選択肢、複数選択肢
時間 170分
受験料 300USD/模擬試験:40USD
言語 英語、日本語
認定によって検証される能力(一部抜粋) ・音声の価値を説明する能力

・ユーザーエクスペリエンスを設計する能力

・スキルを構築するためのアーキテクチャを設計する能力

(参照元>AWS認定Alexaスキルビルダー)

 

初心者は基礎レベル、アソシエイトレベルから取得するのがおすすめです。また、すでに自分の得意分野があるなら、その分野の認定資格を取得することをおすすめします。自分に合ったレベル、分野の資格取得を目指しましょう。

 

 

AWS認定資格は取るべき資格である

AWS認定資格はいま取るべき資格です。

なぜなら稼げる資格だからです。

IT研修大手の米Global Knowledge Training LLC.(米グローバルナレッジ)の調査によると、稼げるIT資格のTop15にAWS認定資格がランクインしています。

(参照元>稼げるIT資格はどれ?―米グローバルナレッジが2019年版のトップ15を発表)

 

4位:AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト

5位AWS認定デベロッパー-アソシエイト

 

もちろん資格を取れば必ず稼げるわけではありませんし、この調査はアメリカでの調査ですので、日本の市場とは違います。

しかし、AWS認定資格自体は共通です。

今後、更なるシステムインフラのクラウド化が進むにつれて、需要も増していくと考えられるので、取得する意味は大いにあります。

 

まとめ

AWS認定資格は11分野あり、それぞれ求められるレベルと知識が違うということを紹介しました。システムインフラのクラウド化が推進されている中で、IaaSのシェアが1位であるAWSは需要が高まっています。それと比例してAWSエンジニアの需要も高まるので、今まさに取るべき資格です。

AWSを使いたい、AWSを使った案件に携わりたい方はぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか。