クラウド

【データベース編】AWS初心者が覚えておきたい5つのサービス

AWSのサービスは200近くあり、初心者の方はどれからまず覚えればよいか悩むと思います。

 

Bさん
Bさん
AWSを利用する上で覚えておけばいい主要なサービスってなんだろう?

 

本記事では、AWS上にシステムを構築する上でこれだけは覚えておけ!というデータベースサービスを厳選して5つ紹介します。

  • Amazon RDS
  • Amazon Aurora
  • Amazon Redshift
  • Amazon ElastiCache
  • Amazon DynamoDB

これら5つは、

AWSを使ったシステム開発に携わった際に必ずと言っていいほど使用されるサービス

AWS認定資格であるソリューションアーキテクト-アソシエイトの試験範囲

なので、しっかり覚えておきましょう。

 

他のサービスについてはこちらの記事で解説しています。

【2020年版】AWS初心者におすすめの入門書5選システムのクラウド化が進む中で、パブリッククラウドのシェアNo.1であるAmazon Web Services(以下 AWS)は、ITエ...

AWS初心者が覚えておきたいデータベースサービス①:Amazon RDS

参考>RDS紹介資料

Amazon RDSは、AWSが提供するフルマネージドなリレーショナルデータベースサービスです

特徴

MySQL/PostgresSQL/Oracle DB/SQL Serverに対応

数クリックで構築可能

バックアップやフェールオーバーは自動で行われる

低コスト、従量課金

 

価格体系

インスタンプタイプに応じて変わる

Oracle DB/SQL Serverはライセンスの時間課金

ストレージは利用料に応じて変わる

【2020年版】AWS初心者におすすめの入門書5選システムのクラウド化が進む中で、パブリッククラウドのシェアNo.1であるAmazon Web Services(以下 AWS)は、ITエ...

AWS初心者が覚えておきたいデータベースサービス②:Amazon Aurora

参考>Aurora紹介資料

Amazon Aurora は、MySQL および PostgreSQL と互換性のある、クラウド向けのリレーショナルデータベースサービスです
商用データベースと同等のパフォーマンスと可用性を10 分の 1 のコストで実現することができます。

特徴

MySQL/PostgreSQLとの互換性

高い堅牢性/可用性

RDSを使った完全マネージド型サービス

 

価格体系

インスタンスタイプによる

使用したディスク容量

バックアップストレージ容量

 

AWS初心者が覚えておきたいデータベースサービス③:Amazon Redshift

参考>Resdhift紹介資料

Amazon Redshiftは、高速・スケーラブルで費用対効果の高いデータウェアハウス及びデータレイク分析マネージドサービスです。

データウェアハウスとは、様々なものからデータを収集・統合・蓄積し、分析するために保管しておくシステムのことです。
RDBMSと違い、一括でデータを書き込み分析するために大量データを読み出す処理に向いています。

 

特徴

世界で最も高速なクラウドデータウェアハウス

数百ギガバイトのデータから開始して、ペタバイト以上まで拡張可能

従来のデータウェアハウスソリューションよりも低コスト

カラム型データベース

 

価格体系

オンデマンドとリザーブドインスタンスで選択可能

$0.25/時間から利用可能

 

AWS初心者が覚えておきたいデータベースサービス④:Amazon ElastiCache

参考>ElastiCache紹介資料

Amazon ElastiCacheは、メモリ内にデータを格納するメモリキャッシュサービスです。

特徴

デプロイ・運用・スケーリングが容易

MemcachedとRedisのプロトコルに準拠

キャッシュノードタイプとキャッシュサイズが複数用意されている

 

価格体系

オンデマンドキャッシュノードとリザーブドキャッシュノードで選択可能

オンデマンドキャッシュノードはタイプによって課金

リザーブドキャッシュノードは前払いで1年間または3年間ノードを予約することができる

 

AWS初心者が覚えておきたいデータベースサービス⑤:Amazon DynamoDB

参考>DynamoDB紹介資料

Amazon DynamoDBは、AWSが提供するNoSQLデータベースサービスです。
高い信頼性、スケーラビリティ、低レイテンシーで安定した性能を兼ね備えています。

NoSQLとは、Not only SQLの略で、RDBMS以外のデータベースシステムを表す際に使用され、SQL言語を使用しなくてもデータベースを使用することができます。

 

ここにボックスタイトルを入力

完全マネージド型NoSQLデータベースサービス

高可用性:複数のデータセンターにデータがレプリケーションされる

ストレージの容量制限がない

運用管理必要なし:ユーザは必要なスループットを決めるだけで利用可能

 

価格体系

スループットキャパシティ:書き込み$0.00742/10ユニット/時間、読み込み$0.00742/50ユニット/時間

ストレージ:$0.285/GB

 

AWS初心者が覚えておきたいデータベースサービス:まとめ

AWS初心者が覚えておきたいデータベースサービス
  • Amazon RDS
  • Amazon Aurora
  • Amazon Redshift
  • Amazon ElastiCache
  • Amazon DynamoDB

今回は、初心者がまず覚えておきたいデータベースサービスを5つご紹介しました。
データベースはAWSアーキテクチャだけではなく、全てのシステムで欠かせないものなので、しっかり覚えておきましょう。

各AWSサービスについてさらに詳しく知りたい方は、AWSサービス別資料(通称Black Belt)を読むといいです。

今回紹介したサービスを覚えたら、次はマネジメントサービスについて学習していきましょう。

【2020年版】AWS初心者におすすめの入門書5選システムのクラウド化が進む中で、パブリッククラウドのシェアNo.1であるAmazon Web Services(以下 AWS)は、ITエ...
RELATED POST