クラウド

【今さら聞けない】クラウドとは?

皆さんはクラウドサービスというものを知っていますか?

名前だけは知っている方もいるかもしれませんが、実は私たちの生活に欠かせないものなのです。

そんなクラウドサービスについて、解説していきたいと思います。

 

クラウドとは?

クラウドとは、クラウドコンピューティングの略で、インターネットを介して、ネットワーク、ストレージ、サーバ、アプリケーションなどのサービスを提供する利用形態のことです。

 

クラウドサービスの分類

クラウドサービスは利用形態ごとに分類されます。

IaaSPaaSSaaS

IaaS

IaaSは「Infrastructure as a Service」の略で、「イアース」または「アイアース」と呼ばれます。

サーバやネットワークなど、いわゆるシステムのインフラをインターネット経由で提供する形態です。

サーバのスペックなどをユーザが自分で好きなように選ぶことができます。

 

PaaS

PaaSは「Platform as a Service」の略で、「パース」と呼ばれます。

OSやミドルウェアといった、システムのプラットフォームをインターネット経由で提供する形態です。

「アプリケーションを開発したい!動かしたい!けど実行する環境がない・・・」というときにこのPaaSが使われます。

 

SaaS

SaaSは「Software as a Service」の略で、「サース」と呼ばれます。

ソフトウェアをインターネット経由で提供する形態です。

これはGmailGoogle DriveiCloudなど、皆さんがよく使うものなので、イメージが湧くのではないでしょうか。

 

 

●パブリッククラウド、プライベートクラウド

①パブリッククラウド

パブリッククラウドとは、対象者を限らず、不特定多数のユーザに提供されるサービスです。

要は、申し込めば誰でも使えますよーというクラウドサービスですね。

Amazon Web ServiceMicrosoft AzureGoogle Cloud Platformなどのことです。

 

②プライベートクラウド

プライベートクラウドとは、特定の企業や個人だけに提供されるクラウドサービスです。

パブリッククラウドとは異なり、限られたユーザだけが利用できるので、よりセキュアな環境を構築することができます。

 

 

メリット

①コストを抑えられる

クラウドサービスは、ユーザが必要なものを必要な時に必要な分だけ利用できるので、コストを最低限に抑えることが可能です。

 

②メンテナンスがいらない

メンテナンスはクラウドサービス提供者が行うので、ユーザが気にすることはありません。

システムを維持するのにもコストが掛かるので、その点でいうと上の「コストを抑えられる」にもつながってきますね。

                

 

デメリット

①カスタマイズに限りがある

クラウドサービスを利用してシステムを構築する際は、提供者のサービスメニューの中から選ばなくてはなりません。

サービスメニューに限りがある場合は、カスタマイズしたくてもできない場合があります。

 

②セキュリティ

クラウドサービス提供者側で何かあった際に、自分がクラウドに預けていた重要な情報が漏れてしまう可能性があります。

あくまで可能性の話で、そのようなことは実際ほとんどありませんが、そのようなリスクもあるということを理解しておかないといけませんね。

 

まとめ

最近、需要が高まってきているクラウドですが、これから更に拡大していき、当たり前になると思います。

深く知りたい方は勉強してみるといいと思います。