システムエンジニア

あなたが分からないのは“ググり力”が低いから?【プログラミングスキルよりも大事です】

プログラミング初学者やエンジニアなりたての方は、このような悩みを抱えていませんか?

 

Aさん
Aさん
プログラミングを学んでいるけど分からないことが多すぎて挫折しそう…
Bさん
Bさん
分からないところをどう調べていいのか分からない

 

それはあなたの“ググり力”が低いからかもしれません。

今回はエンジニアに必須のスキルである“ググり力”について解説していきます。

 

ググり力とは

ググり力とは、Google検索を使用して、自分が求める情報をインターネットから見つけ出す力のことです。

今や本屋に行ったり、新聞を読んだりしなくてもインターネットを使用すれば、いつでもどこでも欲しい情報を得られる時代になりました。

インターネットに出回っている情報量は膨大なので、分からないことはググれば、たいていのことは解決することができるのです。

しかし、情報量が多いので、自分が知りたい情報を探すのに苦労すると思います。

ですが、ググり力を見つければほしい情報を効率よく得ることができます。

 

なぜエンジニアにググり力求められるのか

エンジニアに一番必要なスキルと言いても過言ではないググり力ですが、なぜそんなにも必要なスキルなのでしょうか。

主に3つ理由があります。

  • 検索する方が覚えるよりも圧倒的に早い
  • コピペの方が早い
  • 技術は日々アップデートされる

この3つを解説していきます。

 

検索する方が覚えるよりも圧倒的に早い

エンジニアは様々なツールやプログラミング言語などの技術を使用してシステム開発を行います。しかし、世の中にある技術は数多くあり、一つひとつ覚えていてもきりがありません。

例えば、プログラミングだと、それぞれの言語で構文が変わってきます。一つの言語を覚えるのに数週間から数ヶ月かかります。ですが、ググって構文を調べるのは1分もかかりません。

ググればだいたいのことは調べることができるので、必要な時にサクッとググって情報を得た方が圧倒的に効率がいいのです。

 

とはいえ、最低限の知識がないとなにを調べていいのか分からないので、最低限の構文などは覚えましょう。

 

コピペの方が早い

先ほどの話と被るのですが、主にプログラミングをするとき、構文を暗記するよりもコピペする方が圧倒的に早いです。

もちろんまるまるコピペしてもやりたいように動きませんが、上手く変数などを調整することができれば、自分が考えている動作になります。

コピペは正義です。

 

技術は日々アップデートされる

ツールやプログラミング言語は日々バージョンが更新され、それとともに使い方も異なってきます。

毎回、バージョンの度に暗記しなおしても疲弊するだけです。暗記量には限界があるので、そこに力を入れてもツラいだけですし、他のことができなくなってしまいます。

 

ググり方

では、どうのようにググればいいのかということをいくつかご紹介します。

 

エラー文でググる

プログラミングをしているとエラーが必ずと言っていいほど出てきます。

 

Aさん
Aさん
対処法が分からなくてプログラミングを挫折しました

 

プログラミングを挫折する大きい理由の一つが“エラー内容が分からない”ですが、ググり力があればほぼ解決することができます。

例えば、Javaでコードを書いていた時に下記のエラーが出てきたとしましょう。

Exception in thread "main" java.lang.NullPointerException
	at sample.SampleClass.main(SampleClass.java:5)

 

慣れている人は分かるかもしれませんが、初学者は何なのかさっぱりですよね。

上の1行でそのままGoogle検索をしてみると、

このようにエラーに関する記事が出てくるので、詳細を調べることができます。

(今回扱ったエラーはよくあるものなので、記事が豊富にあります)

 

Googleサジェストを使ってググる

Googleサジェストとは、検索する際にキーワードを予測表示してくれる機能です。

頭に思い浮かんでるキーワードだけでは、なかなか知りたい情報が載っている記事が出てこないときにこの機能を使用することで、お目当ての記事を探すことができるかもしれません。

例えば、先ほどのエラー内容を検索する際にもサジェストが表示されます。

サジェストで出てくるキーワードは、たくさんの人が検索している際に使用してるワードだったりするので、質いい記事が出てくる可能性が高く、あなたの問題解決の手助けになってくれることは間違いないでしょう。

 

英語でググる

公式リファレンスなどは英語が多いです。

日本語に対応しているリファレンスもありますが、やはり一次ソースは英語で書かれているものがほとんどです。

また、日本語よりも英語の方が情報が多いため、知りたい情報を得られる確率は英語の方が大きいです。

 

Bさん
Bさん
そんなことを言っても英語ができないから無理だよ…

 

別に難しく考える必要はありません。まずは簡単な単語だけで検索してみてください。

それでも分からない場合は、Google翻訳を使いましょう。

機械が翻訳しているので、たまに「ん?」という翻訳になっていたりしますが、それでもしっかり翻訳してくれます。(ニュアンスが伝わればOKですよね)

Google翻訳があれば何でもできます。最強です。

 

Q&Aサイトでググる

ググるというか検索するという意味ですが、Q&Aサイトで同じ悩みを抱えている人が質問をすでにしていて、そのカ解答も出ている場合があるので、Q&Aサイトを利用するもの一つの手です。

エンジニアにおすすめのQ&Aサイトは、

です。

Stack Overflowは日本語圏版のサイト英語圏版のサイトがありますが、英語圏版は世界最大級の技術系Q&Aサイトなので、英語圏版の方が豊富な情報が載っています。

 

それでも解決しない場合は

ググってみてそれでも解決しない場合は、質問してみましょう。

Q&Aサイトで質問してみれば、皆さんやさしいので誰かしら答えてくれる可能性は高いです。

プログラミングスクールに通っているなら、講師やメンターに質問してみましょう。

【確定版】無料体験できるプログラミングスクール5選 プログラミングスクールの選択で失敗するリスクを減らす方法は無料体験を受けてみることです。 本記事では、無料体験を受...

質問するときに大切なのは、ただ分からないではなく、どういう問題が起きてて、自分はどこまでわかっていて、どこからがわからないのかということを明確にしておくことです。

 

ググり力:まとめ

今回は、エンジニアに必須のスキル“ググり力”について解説していきました。

ググり力を高めることで、必要な情報を効率よくできますし、自力で問題解決を行うことができます。

実際に一緒に働かせていただいた“デキるエンジニア”の方は皆さんググり力が高かったです。

効率よく情報を収集し、それを吸収して自分のスキルをどんどん向上させていきましょう!