エンジニア

【無料あり】現役エンジニアがおすすめするAWSスクールまとめ

  • AWSを学びたいけどおすすめのスクールが分からない…
  • AWSエンジニアになりたいけど、未経験でもなれるの?
  • AWSスクールで実践的な技術は身につくのだろうか。

AWSを学びAWSエンジニアに最速でなるには、プログラミングと同様にスクールに通うのがベストです。

しかし、未経験や初心者の方は「どのスクールが良いのか、本当にAWSエンジニアになれるのか」と迷う方が多いです。

 

せっかくスクールに通っても実践的なスキルが学べず、就職・転職もできないとつらいですよね。

 

そこで本記事では、未経験や初心者の方が迷わず選べるように、現役AWSエンジニア(AWS認定資格所有)の視点から、おすすめするAWSスクールをまとめて紹介していきます。

この記事を読めば、「AWSエンジニアになるためのスキルが本当に学べ、AWSエンジニアとして就職・転職できるスクール」が全て分かります。

 

3分ほどで読めるので、信頼できるAWSスクールを見つけたいあなたにとってすぐに答えが見つかりますよ。

 

AWSスクールを選ぶ際のポイント

AWSを学べるスクールは、プログラミングスクールなどに比べると圧倒的に少ないです。

 

結論から言います。
AWSを学べるおすすめのスクールは、現状RaiseTech一択のみです。

 

正確に言うと、AWSを学ぶことができるスクールは他にもあります。
しかし、AWSエンジニアとしてのスキルが学べるカリキュラムがあるスクールは、RaiseTechのみになってきます。

 

他のスクールによるAWS学習のカリキュラムの位置づけは以下になります。

GEEKJOB…インフラ学習がメインで、AWSはサーバ構築などの一部のみ

テックキャンプ…Webアプリ開発がメインで、AWSはインフラ構築として一部のみ

どちらのスクールもAWSに関してはあくまでカリキュラムの一部、AWSに特化したスクールではありません。

なので、AWSエンジニアとしてAWSに特化して学びたいなら、Raise TechのようにAWSに特化したスクールを選ぶ必要があります。

 

ここまでのまとめ

AWSエンジニアとしてAWSに特化して学べるスクールは少ない(現状はRaiseTechのみ)

AWS特化ではないが、AWSを他の分野と一緒に学べるスクールはいくつか存在する(GEEKJOBテックキャンプなど)

>>RaiseTech公式サイトへ【2週間無料トライアルの申し込み可能!】

 

\2週間の無料トライアルあり/

※無料トライアルはいつ終わるか分からないのでお早めに

 

結論:現役エンジニアがおすすめするAWSスクールはRaise Tech一択

フルコース(未経験者向け)自動化コース(業界経験者向け)
料金315,000(税抜)189,000(税抜)
受講期間4ヶ月4ヶ月
受講スタイルオンラインオンライン
受講回数全16回(週1回/1回120分)全8回(週1回/1回120分)
質問対応時間(オンライン)10:00~24:00(月曜~日曜)10:00~24:00(月曜~日曜)
就職・転職サポートありあり

先ほど述べた通り、「RaiseTech」はAWSを専門に学ぶことができる数少ないスクールです。
稼げる技術にこだわっており、“案件が豊富である、単価が高い、これから人気が出る”といった現場主義を徹底しているスクールです。

 

RaiseTechの特徴は主に以下の3つです。

①現場で必要なスキルを学べる

②挫折しないサポート体制

③最短でAWSエンジニアになれる

それぞれについて解説していきます。

①現場で必要なスキルを学べる

RaiseTechでは月単価80万円以上の現役エンジニアが講師として、現場で使える技術を教えてくれます。

それはカリキュラムを見てもらうと分かるはずです。

引用元>RaiseTech公式サイト

AWSに特化していることはもちろんのこと、Webアプリケーション開発についても学ぶことで、AWS上に構築したシステムの全体像をつかむことができます。

私もAWSを学んだときに感じましたが、システムの全体像を把握することで、理解度をかなり伸ばすことができます。

また、インフラをコード化して自動構築する技術も学ぶことができます。

実際の現場でもインフラのコード化は必須になりつつあり、Ansibleといったツールなども使われることも多いので、現場で役立つスキルを身につけられます。

参考:【分かりやすく解説】infrastructure as code(IaC)を実現するツール

②挫折させないサポート体制

未経験・初心者の方がAWSエンジニアを目指すのであれば、ある程度時間をかけてAWSを学んでいく必要があります。

独学だと、「どこから勉強していいのか、エラーが解決できない」などの悩みから、挫折してしまう方が多いです。

その点、RaiseTechであれば安心です。

■優秀な現役エンジニアがメンターになってくれる

■いつでもチャットで質問を無制限にできる

挫折しない仕組みがあるので、安心してAWSを学ぶことができます。

③最短でAWSエンジニアになれる

未経験・初心者の方向けであるAWSフルコースの受講回数は全16回(週1回/1回120分)、たったの4か月間で、現場で使えるAWSスキルを身につけることができます。

せっかくスキルを身につけても就職・転職できないと意味ない、と思うかもしれませんが安心してください。

RaiseTechでは、無料の就職・転職支援制度があるため、コース受講後のサポートも充実しています。

 

最短でAWSエンジニアを目指すなら、RaiseTechが最短ルートです。

 

そんなAWSに特化したスクールであるRaiseTechですが、今なら受講後2週間は「無料トライアル」として受講することができます!

受講してみて、自分に合わない場合、この2週間の間であれば「全額返金」の保証が適用されます。

受講料は決して安くありませんが、全額返金保証もあるので、悩んで時間を使うなら、まずはトライしてみるのがいいと思います。

>>RaiseTech公式サイトへ【2週間無料トライアルの申し込み可能!】

 

\2週間の無料トライアルあり/

※無料トライアルはいつ終わるか分からないのでお早めに

あわせて読みたい:【2021年版】RaiseTech(レイズテック)の評判とは?受講生のリアルな口コミとともに紹介

 

AWSエンジニアになるとどうなる?【メリット3つを解説】

AWSエンジニアのメリットとしては主に以下の3つあります。

①仕事に困らない

②単価が高い

③自由な働き方ができる

①仕事に困らない

参考:https://www.m2ri.jp/release/detail.html?id=434

現在、あらゆる企業のシステムが自社内からAWSなどのクラウドへ移行しており、クラウドの需要が高まっています。

それに伴いAWSエンジニアは引く手あまたです。

クラウドの需要の高まりが増加する限り仕事に困ることはないでしょう。

 

AWSのスキルを身につけておけば仕事が困らない理由がもう一つあります。

それは、他のクラウド技術の学ぶことが楽になるということです。

AWSはクラウドのデファクトスタンダードと呼ばれており、他のクラウド(AzureやGCP)も基本的にはAWSと考え方は同じです。

なので、新たに学ぶ機会があっても学習難易度は格段に下がるのです。

AWSスキルを身につけておけば、他のクラウド技術の習得は容易なので、AWSに限らずいろいろな案件に携われる機会が増えるでしょう。

②単価が高い

先ほど述べた通り、AWSエンジニアは需要が高く引く手あまたです。
需要が高いとそれだけ報酬も高くなりやすいです。

未経験でも月単価50万円の案件はあり、2~3年ほどの経験を積めば当たり前のように月単価80万円になることができます

実はAWSエンジニアになろうと思ってもなかなかなれない職業です。
AWSエンジニアに求められるスキルは幅広く、ただ単にAWSを学んでも現場で通用しません。

その点RaiseTechなら、現役のエンジニアから現場で必要なスキルやノウハウを学べるので、最速でAWSエンジニアになれるでしょう

実際に卒業生でAWSエンジニアになっている方はたくさんいます。

あわせて読みたい:【2021年版】RaiseTech(レイズテック)の評判とは?受講生のリアルな口コミとともに紹介

③自由な働き方ができる

従来のインフラエンジニアはシステムがデータセンターにあるため、夜勤常駐や休日に急に呼ばれるなどハードな職業と認識されていました。

 

しかし、AWSエンジニアに関してはそれとは真逆です。

 

AWSはインターネット環境があれば作業ができるので、リモートワーク可能です。
実際にAWSエンジニアである私も週に1回出社するかしないかのペースでリモートワークしています。

また、需要が高く安間も豊富にあるので、東京や大阪だけでなく地方からも仕事を請け請けることもできます。
正社員はもちろんのこと、経験を積めばフリーランスとして独立することも十分可能です。

あなたが思い描く自由な働き方を実現させることができますよ。

>>RaiseTech公式サイトへ【2週間無料トライアルの申し込み可能!】

 

\2週間の無料トライアルあり/

※無料トライアルはいつ終わるか分からないのでお早めに

 

AWS特化ではないけどAWSも一緒に学べるスクール

AWSに特化したカリキュラムではありませんが、周辺知識としてAWSも一緒に学ぶことができるスクールは以下の2つです。

テックキャンプエンジニア転職 ←【プログラマーになりたい人向け】

GEEK JOB ←【インフラエンジニアになりたい人向け】

それぞれ解説していきます。

テックキャンプ エンジニア転職

サービス名テックキャンプ エンジニア転職
学べるスキルHTML、CSS、JavaScript、Ruby on Rails、AWS など
料金月々\19,600~
受講期間最短10週~
受講形式オフライン形式 or オンライン形式(選択可能)
就職・転職サポートあり(無料)
公式HPhttps://tech-camp.in/expert

テックキャンプエンジニア転職は、最短10週でプログラミングを学び、エンジニアに転職することができるスクールです。

プログラミングスクール業界の中でも最大手の一社です。

 

学ぶ内容としてはRubyなどのプログラミング言語ですが、カリキュラムの中で一部サーバについて学習します。

そのサーバの学習の中で、周辺知識としてAWSを学ぶということになっています。

ですので、あくまでもクラウド知識の基本として学ぶ感じになっているので、RaiseTechのようにAWSについて特化して学ぶことはありません。

とはいえ、Rubyなどのプログラミング言語を身につけたうえで、AWSの基礎を身につけているだけでも、他と違いを生み出し市場価値を上げることができます。

 

そんな市場価値を上げるスキルをテックキャンプ エンジニア転職なら身につけられることができます。

テックキャンプ エンジニア転職では、転職成功率が99%と、数あるプログラミングスクールの中でもトップクラスの実績を持っています。

専属のメンターがつくので、学習をやりきる自信がない方でも安心して学ぶことができます。

たった10週間で人生が変わるスキルを身につけられるので、AWSについては特化的に学ぶ必要がないかなという方は、まずはお話を聞いてみましょう!

>>テックキャンプエンジニア転職の公式サイトはこちら

\全額返金保証付き/

※全額返金保証はいつ終わるか分からないのでお早めに

GEEK JOB

サービス名GEEK JOB
学べるスキルPHP、Java、Ruby、Apache、MySQL、Linux など
料金\0~
受講期間最短1ヶ月
受講形式オンライン形式
就職・転職サポートあり(無料)
公式HPhttps://camp.geekjob.jp/

GEEK JOBは、完全無料でシステムインフラの知識が網羅的に学べる、国内トップクラスのインフラスクールです。

インフラエンジニアになりたければGEEK JOBを選べば間違いない、そういういったスクールです。

 

気になるAWSについては、あくまでもサーバやクラウドの知識の一環として少し触れる程度。

ですので、AWSに関して言うと、体系的に学べるRaiseTechには劣ります。

しかしながら、サーバやネットワーク、クラウドといったインフラエンジニアに必要な知識は網羅的に学べる事はGEEK JOBの強みです。

そしてGEEK JOBは、IT企業からの支援金に成り立っている転職エージェントという一面もあるため、就職サポートも手厚いです。

未経験から正社員転職可能な紹介企業は500社以上とかなり多く、転職成功率はなんと97.8%。

ただ転職するだけではなく、卒業後も安心して働けるように受講生一人ひとりに合った就職先を紹介してくれます。

 

なお、GEEK JOBでシステムインフラやAWSについて学ぶ場合は「スピード転職コース」を選びましょう。

GEEK JOBでは、無料のオンラインカウンセリングを開催しているので、まずはそこで話を聞いでみましょう。

実際に自身で聞かなければ分からないことも多いはずなので。

強引な勧誘は一切ないので、気軽に申し込んでみましょう。

予約はたった30秒でできます。

>GEEK JOBの公式サイトへ【無料体験可能】

 

\今すぐ登録したい方はこちら/

※無料体験はいつ終わるか分からないのでお早めに

Raise Techを受講してAWSエンジニアになろう!

ここまでの内容をまとめます。

・AWS特化で学べるスクールは少ない

・現時点でAWSに特化したスクールは「RaiseTech」一択

・AWSエンジニアになれば理想の働き方ができる

・AWSエンジニアに最短でなるなら「RaiseTech」がおすすめ

 

RaiseTech」では、短期間のうちに現場で使えるAWSスキルを身につけることができ、就職・転職できるまでサポートしてくれます。

AWSエンジニアとして2~3年経験を積めば、月単価80万円に十分なれるので、受講料分のお金はすぐに稼ぐことができますよ。

 

そんな「RaiseTech」ですが、今なら2週間の無料トライアル期間として試すことができます。

 

無料説明会も開催されているので、迷っているならまずは説明を聞いてみるといいです。

AWSエンジニアになってあなたが思い描いている理想の働き方を手に入れましょう

 

>>RaiseTech公式サイトへ【2週間無料トライアルの申し込み可能!】

 

\2週間の無料トライアルあり/

※無料トライアルはいつ終わるか分からないのでお早めに

RELATED POST