エンジニア

【評判は悪い?】レバテックキャリアの特徴やメリット・デメリットを解説!

  • レバテックキャリアの評判ってどうなんだろう?
  • 信用できる転職エージェントなのかな
  • メリット・デメリットやリアルな口コミが知りたい!

IT業界はますます広がり、それに伴ってITエンジニアの需要は高まっています。

転職をする際に利用される転職エージェントというサービスは、実は無料で利用できてとてもお得なサービスです。

 

しかし、世の中にはたくさんの転職エージェントが存在するので、どれを選んでいいか悩むでしょう。

「気になっているけど実際どうなんだろう、自分に合っているんだろうか」など、そのエージェントを使って後悔しないためにも、利用者のリアルな声が気になりますよね。

 

そこで本記事では、良い評判が多かった人気の転職エージェント「レバテックキャリア」について、実際に利用した人からの評判、サービスの特徴、メリット・デメリットなどを紹介します。

 

結論から言うと、レバテックキャリアは以下の人におすすめです。

おすすめの人

①IT業界でキャリアアップしたい人

②首都圏に住んでいる人

③丁寧なサポートを受けたい方

こちらについては本文で詳しく解説していきます。

 

この記事では、ITエンジニアの私から見て信憑性が高いと思える評判・口コミを厳選してまとめています。

レバテックキャリアの評判をあなたの目で確かめてください。

 

>>レバテックキャリアの公式サイトへ【登録無料】

 

\たった3分で登録可能/

 

Contents

レバテックキャリアの特徴と強み

レバッテクキャリアとは?

レバテックキャリアは、レバテック株式会社が運営している転職エージェントです。

運営会社レバテック株式会社
創業年2017年8月1日
公開求人数約12,000
取扱求人分野IT、Web
対象地域首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)、関西(大阪、京都、兵庫)、名古屋、福岡

IT・Web業界に特化した案件を取り扱っており、年収600万円以上の求人が8,000件以上あります。

求人の職種は、システムエンジニア、データサイエンティスト、コンサルやWebデザイナーまで多岐にわたります。

IT系のキャリアを持つのであれば、レバテックキャリアを利用することでさらなるキャリアアップが望めるでしょう。

 

レバテックキャリアの特徴3つ

1.ズレのないマッチング

レバテックキャリアのアドバイザーは年に3,000回以上企業を訪れ、現場のリアルな情報を常に把握しています。

5,000件を超える求人の中から、あなたに最適な求人を見つけ出します。

なんと、初回の提案での内定率は90%!

 

2.土日も対応可能

平日の夜や土日の面談もできるので、都合を合わせやすいです。

それでも都合が合わない場合は、電話での個別相談・カウンセリングも受け付けているので、忙しい方にはうってつけの転職エージェントでしょう。

 

3.技術・業界に精通したアドバイザー

レバテックキャリアはIT・Web業界に精通しているので、その人の今後のキャリアアップに向けたベストな求人を紹介してくれます。

 

\たった3分で登録可能/

 

レバテックキャリアのメリット(良い評判・口コミ)

レバテックキャリアのメリットについて、評判・口コミをもとにご紹介します。

レバテックキャリアのメリットはおもに以下の3つです。

・IT業界に特化した豊富な求人数

・アドバイザーの質が高い

・選考対策が充実している

 

IT業界に特化した豊富な求人数

レバテックキャリアはリクルートやマイナビのような大手エージェントにない独自の求人が多いです。

大手エージェントに載っていない求人が多かった

レバテックキャリアで応募したらすぐに決まった

口コミからも分かるように他の転職エージェントが取り扱っていない良質な非公開案件が多いです。
充実しているからこそ、その人に合った案件を紹介できるので、内定が決まるのも早いでしょう

 

アドバイザーの質が高い

レバテックキャリアのアドバイザーの評判はとても高いです。

担当者の人がとても優秀

親切にアドバイスくださいました!

上記からも分かるように、アドバイザーの質が高いということが分かりますね。

 

レバテックキャリアの公式HPで集計しているアンケートでもこのような結果が出てきます。

参考>レバテックキャリアの評判・口コミ | レバテックキャリア (levtech.jp)

すべて90%以上と高い評価がついています。

転職エージェントを利用する上で、アドバイザーの質はもっとも重要なことの一つなので、レバッテクキャリアを選んでおいて損はないでしょう。

 

選考対策が充実している

レバテックキャリアは選考対策も充実しています。

アドバイザーに面接の相談したら悩みが晴れた

企業毎に面接対策をしっかりしてくれる

口コミから分かる通り、企業毎に面接対策をしてくれるということで、利用者にとってはありがたいはずです。

企業毎に対策できるということは、それぞれの企業の特徴や企業の内情に精通してるからと言えるでしょう。

自身の希望する企業への転職を目指したいのであれば、レバテックキャリアは登録すべきエージェントですね。

 

>>レバテックキャリアの公式サイトへ【登録無料】

 

\たった3分で登録可能/

 

レバテックキャリアのデメリット(悪い評判・口コミ)

次にレバテックキャリアのデメリットについて、評判・口コミをもとにご紹介します。

レバテックキャリアのデメリットはおもに以下の3つです。

・サポート地域が限定されている

・ITエンジニア未経験の求人が少ない

・支援が難しい人には対応がドライになる可能性がある

 

サポート地域が限定されている

レバテックキャリアでは、地方の求人が少ないです。

おもに以下の地域が中心です。

・首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)

・関西(大阪、京都、兵庫)

・名古屋

・福岡

地方での転職を考えている方は、「マイナビITエージェント」がおすすめです。

地方の求人も多く取り扱っています。

 

ITエンジニア未経験の求人が少ない

レバテックキャリアで扱っている求人は、実務経験を求められるものがほとんどです。

未経験だと門前払い

未経験だと常駐で経験を積むのが早道

実務経験が求められない求人もあるらしいですが、やはり客先常駐の企業になるそうです。

 

支援が難しい人には対応がドライになる可能性がある

転職の意思が強くない方や転職できる見込みのない方には、あまり積極的に求人の紹介やサポートはしないです。

返事を返してくれない

転職の意思が強くないとみなされると、対応の優先順位が低くなります。

これはレバテックキャリアだけでなく、他の転職エージェントでも共通なものです。

もちろん、転職の意志の強い方には積極的に提案してくれます。

対応の優先順位を上げる方法は、本記事の後半で解説しています。

 

レバテックキャリアがおすすめの人

冒頭でも述べましたが、レバテックキャリアは以下にあてはまる人におすすめです。

おすすめの人

①IT業界でキャリアアップしたい人

②首都圏に住んでいる人

③丁寧なサポートを受けたい方

 

IT業界でキャリアアップしたい人

レバテックキャリアの最大の魅力は、なんといっても”IT業界の求人に強い!”というところです。

そのため、IT業界でキャリアアップを目指している人にはおすすめのエージェントです。

 

IT業界で働いていると、システムの保守・運用的な作業も多く、違う環境でスキルアップを目指したいなどと考えている人もいるでしょう。

レバテックキャリアでは、キャリアアドバイザーもIT業界やIT技術に精通しています

ですので、スキルアップを目指せるあなたに合った最適な企業を紹介することができるのです。

 

首都圏に住んでいる人

レバテックキャリアで取り扱っている案件は、以下の場所に集中しています。

・首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)

・関西(大阪、京都、兵庫)

・名古屋

・福岡

IT企業自体が都市部に集中しているため、このように都市部が対象となっています。

地方に住んでいる人は厳しいですが、首都圏などの都市部に住んでいる方にとってレバテックキャリアはおすすめと言えるでしょう。

 

丁寧なサポートを受けたい方

レバテックキャリアでは選考対策が充実しており、担当するアドバイザーがマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。

困ったときには、いつでもLINEなどで相談することができます。

最速1週間で内定がでた実績があります!

 

>>レバテックキャリアの公式サイトへ【登録無料】

 

\たった3分で登録可能/

 

【必読】レバテックキャリアで優先的に求人を紹介してもらうコツ

レバテックキャリアのアドバイザーは、たくさんの求職者を担当しています。

そのため、担当している求職者に「転職活動に積極的かどうか、転職できそうか」などで優先順位をつけています。

 

つまり、優先順位が低い人は後回しにされてしまう可能性があるということ。

“良い求人ほど優先順位の高い別の人に紹介されてしまうなんてことも…”

 

そこで、自身の優先順位を高めて、良い求人を優先的に紹介してもらうためのコツをここでは解説していきます。

優先順位を高めるコツは、以下の3つです。

1.転職希望時期はすぐにでもと伝える

2.初回面談には必ず参加

3.定期的に連絡を取る

 

1.「すぐにでも転職希望です」と伝える

アドバイザーとの最初の面談で、ほぼ確実に転職希望時期について聞かれるでしょう。

その際には、「良さそうな求人があればすぐにでも転職を希望します」と伝えましょう。

レバテックキャリアのアドバイザーも売り上げ目標があるため、転職する意思の高い人ほど優先順位が高くなります。

自身の優先順位を高くするために、転職する意思が強いことをしっかりと伝えておきましょう。

 

2.初回面談には必ず参加

アドバイザーとの初回の面談は、必ず参加するようにしましょう。

初回の面談で、自身の転職に対する本気度を伝えられれば、求人を優先的に紹介してくれるはずです。

また、転職エージェントでは転職希望者の検索システムを使用しています。

その検索条件の一つに「面談の有無」もあるので、面談を行った転職希望者に優先的に求人を紹介しているところも多いです。

 

3.定期的に連絡を取る

「最初はたくさんの求人を紹介してもらっていたのに、最近は全然連絡が来なくなった」

これはよくある話です。

 

なぜこのようなことが起きるかというと、転職エージェントのシステムがそういう仕組みになっているからです。

転職エージェントは企業から依頼を受けると、システムのデータベースから条件を絞って適切な転職希望者を探します。

このデータベース上の転職希望者の表示順位が、更新日(最終連絡日)順なのです。

定期的にアドバイザーと連絡をとることで、データベース上で上位に表示され、優先的に求人を紹介してもらえるようになります。

 

【NG】絶対にやってはいけない行動3つ

レバテックキャリアもそうですが、転職エージェントを利用する上で絶対にやってはいけない行動があります。

以下の3つは必ず覚えておきましょう。

① 経歴やスキルに嘘を書く

② 複数のエージェントから同じ案件に応募する

③ 推薦文を丸投げする

 

① 経歴やスキルに嘘を書く

転職エージェントのアドバイザーと面談する際に提出した経歴書や登録情報はずっと保管されます。

よくあるのが、数年間に登録していた情報と現在の情報が食い違い、虚偽報告を行っているとみなされ、求人の紹介を制限されるというケースです。

経歴やスキルは正確なものを記載し、定期的に更新しときましょう。

 

② 複数のエージェントから同じ案件に応募する

複数エージェントを利用するのは問題ではありません。

むしろ転職するにあたり、複数のエージェントに登録することは必須です。

 

しかし、登録している複数のエージェントから同じ求人に応募するのはNGです。

 

企業やエージェントのアドバイザーから「適当に応募しているのではないか」と誤解されてしまい、不信感を与えかねません。

今後のサポートが受けられなくなる可能性もあるので、複数のエージェントから同じ案件に応募するのはやめましょう。

 

③ 推薦文を任せっきりにする

希望する求人への選考を進めるにあたり、担当のアドバイザーがその企業へ推薦文を書いてくれます。

しかし、転職エージェントのアドバイザーが全員優秀というわけではなく、もちろん個人差があります。

 

実は企業は選考で、転職エージェントの推薦文をかなり参考にしています。

推薦文を丸投げしてしまうと、

・経歴をそのまま映す

・自分が思っているような推薦文ではない

などが発生してしまうなんてこともあるので、損してしまいますよね。

 

推薦文を書いてもらう際は、自身でも確認するようにアドバイザーにお願いしましょう。

必要であれば、修正をしてもらうのが良いです。

 

【6ステップ】レバテックキャリアを利用する流れ

レバテックキャリアを利用して転職するための流れをここでは紹介します。

 

Step1.Webで申し込む

まずは、レバテックキャリアのWebサイトから申し込みをします。

申し込みの際は連絡先や勤務地などを入力します。

>>お申し込みはこちらから

 

Step2.希望条件の提示

Webで申し込んで登録が完了すると、アドバイザーから電話もしくはメールで連絡が来ます。

そこではざっくりと以下のようなことを聞かれます。

・希望する転職時期

・希望する業界や職種

・希望する年収

最低限のことを聞かれたのち、面談の調整を行います。

 

Step3.キャリアアドバイザーと面談・求人紹介を受ける

実際にキャリアアドバイザーとで面談します。

自身の経歴や求人の希望条件を確認してもらい、条件に合った求人を紹介してくれます。

レバテックキャリアのアドバイザーは、技術の知見もあるので、面談時にスキルの棚卸や今後のキャリアプランも一緒に検討してもらうことも可能です。

それを踏まえ、希望する求人や非公開の求人など、あなたにあった求人を厳選して紹介してくれるでしょう。

 

Step4.職務経歴書の添削

求人の紹介を受け、応募する企業を決めたら、職務経歴書などの選考書類を添削してもらいます。

場合によっては、時間をかけ、アドバイザーと面談しながら何度も修正します。

企業にアピールできる選考書類をアドバイザーとともにに作り上げていきましょう!

 

Step5.応募・面接

選考書類が完成したら、希望する企業に応募します。

応募する際は、アドバイザーがあなたの魅力がより伝わるように推薦文を書いてその企業に伝えてくれます。

転職サイトを使うと、この推薦文は書いてくれないので、転職する際はエージェントを利用する方が有利ですね。

 

面接の対策についてもエージェントがサポートしてくれます。

本人が希望すれば、面接本番に備えて模擬面接を実施してくれるケースも多いです。

 

Step6.内定・入社

無事内定が出た後は、退職手続きについて関する書類の作成などのアドバイスを行ってくれます。

上司にどのように報告するかいいか不安な場合も、アドバイザーがサポートしてくれるので頼ってしまいましょう!

 

>>レバテックキャリアの公式サイトへ【登録無料】

 

\たった3分で登録可能/

 

転職エージェントの賢い使い方

転職を成功させるために、転職エージェントの賢い使い方をご紹介します。

1.複数のエージェントに登録する

2.信頼できるアドバイザーがいるエージェントに絞り込む

 

1.複数のエージェントに登録する

転職エージェントのは複数登録しましょう!

理由としては、各エージェントの担当者(アドバイザー)によってあう・あわないがあるからです。

自身にあった優秀な担当者にあたるかどうかは運の部分がほとんどです。

なので、3~5社ほど登録しておいて、自身にあった優秀な担当者がいるエージェントの絞り込んでいくことがおすすめです。

エージェントによって取り扱っている非公開求人が違ったりするので、そういう視点でも転職エージェントは複数登録しておきましょう!

 

2.信頼できるアドバイザーがいるエージェントに絞り込む

転職でいちばん避けたいことは、内定先の企業とのミスマッチですよね。

働き始めたら、聞いていた話と違っていた…

なんてことを、できるだけ回避するためにも“求人企業の風土や内情”を詳しく把握しているアドバイザーに担当してもらいましょう。

求人企業の風土や入社してからの懸念点などのアドバイスをもらえれば、入社したあとのミスマッチが起きづらくなるでしょう。

 

▼おすすめのエージェントは以下の記事で紹介しております。

【厳選】インフラエンジニアの正社員転職ならここ!おすすめの転職エージェント5選

 

未経験からITエンジニアに転職できるのか?

ITエンジニアは、ITエンジニア専門の特別な資格や学歴を求められる職業ではないため、未経験からでも十分目指せることができます。

誰でも最初は未経験です

 

未経験からITエンジニアに転職するための方法は以下の2つです。

・独学でスキルを身につけて転職エージェントを活用する

・スクールを活用する

 

独学でスキルを身につけて転職エージェントを活用する

独学でITエンジニアに必要なスキルを身につけることは可能です。

スキルを身につけたあと、転職エージェントなどを活用して転職すれば、費用も最小限にすることができます。

ITエンジニアに必要なスキルって具体的に何を勉強すればいいの?

ITエンジニアにも様々な職種があり、その職種ごとに必要なスキルが変わってきます。

 

未経験からITエンジニアになるのであれば、インフラエンジニアがおすすめです。

理由としては、インフラエンジニアは資格取得が転職活動の際に大きく評価されるからです。

 

例えばプログラマーだと、自身でポートフォリオを作成して、それを転職活動で観てもらう必要があります。

ポートフォリオ自体、答えがないものなので未経験の方がいちから学んで作るということは、膨大な時間がかかり挫折しやすいです。

 

その点、インフラエンジニアは資格取得というゴールが明確なので、勉強が苦でなければ続けやすいです。

資格取得専用の教材も充実しているので、学びやすいはずです。

 

▼“独学でインフラエンジニアになるための勉強方法”はこちら

【初心者向け】独学でインフラエンジニアになるための勉強方法【現役インフラエンジニアが解説します】

 

独学でエンジニア転職を最短で目指したい!

独学だと余計な勉強をしたり、モチベーションが上がらなくて結局時間を無駄にしてしまう可能性がありますよね。

 

そうならないためにも、未経験からインフラエンジニアを目指す方向けのメンタリングサービス「enginear」を活用するのが良いでしょう!

enginearは、未経験からインフラエンジニアを目指しているあなたの資格取得をサポートします。

特徴としては以下の3つ。

・個人に合ったロードマップの提供

・現役インフラエンジニアへ質問し放題

・良心的な価格設定(スクールよりも格段に安い)

いまなら初回特別キャンペーンとして、1ヶ月無料で受講することができます。

期間限定ですので、申し込みはお早めに!

 

>>enginearの公式サイトへ【無料体験可能】

 

\いまなら1ヶ月無料/

※1ヶ月無料の初回特別キャンペーンは期間限定なのでお早めに

 

 

スクールを活用する

独学がどうしてもダメな方は、スクールを活用するのが良いです。

スクールではITの基礎知識・ITインフラを実戦形式で教えてくれるので、自身のスキルとして身につけることができます。

 

中でもおすすめなのが、GEEK JOBです。

GEEK JOBは、転職エージェントとプログラミング/インフラ学習が一体となっており、就職先の提携企業からお金をもらうビジネスモデルになっております。

そのような理由で、受講者はなんと、無料でスキルを身につけて就職することもできるのです。

 

無料でスクールに通えて、就職・転職できるなら、GEEK JOBを利用するのが時間もお金を無駄に使わないで済みます。

 

せっかく転職活動しても求人が見つからなければ時間の無駄ですし、転職できたとしてもミスマッチが起きてしまうと、また転職活動してまた時間を使ってしまいますよね。

GEEK JOBがそのような無駄をなくしてくれます。

 

転職成功率は97.8%で、紹介企業は500以上。

就職・転職サポートも充実しているので、ITエンジニアとして正社員になりたいなら、とりあえずこのGEEK JOBを選んでおけば間違いないでしょう。

 

GEEK JOBには3つのコースがありますが、早期の転職を目指すならスピード転職コースを選びましょう。

スピード転職コースでは、Javaエンジニア or インフラエンジニアとして必要な知識やスキルを完全無料、しかも最短1ヶ月で学ぶことができます。

 

そんな、GEEK JOBですが、無料の説明会・体験会があります。

まずは申し込んで実際にどんなものかを感じてみるのがいいと思います。

自分で体験してみないと分からないことが多いので、申し込んでみましょう。

無料説明会・無料体験でもお金は一切かかりませんので、一度話を聞いておくと良いです。

 

>GEEK JOBの公式サイトへ【無料体験可能】

 

\いまなら無料体験可能/

※無料体験はいつ終了するか分からないのでお早めに

 

【現役エンジニアが解説】GEEK JOB(ギークジョブ)の評判とは?受講生のリアルな口コミとともに紹介 GEEK JOBってどういうスクールなんだろう? GEEK JOBって評判いいのだろうか… リアルな口コミが知り...

 

レバテックキャリアで理想のキャリアを手に入れよう!

 

おすすめの人

①IT業界でキャリアアップしたい人

②首都圏に住んでいる人

③丁寧なサポートを受けたい方

今回は、レバテックキャリアの特徴やメリット・デメリットについてご紹介していきました。

レバテックキャリアはIT業界に特化しており、アドバイザーのサポートも質が高いため、利用しない理由がないです。

 

他のエージェントにはない、非公開求人なども取り扱っているので、まずはお気軽に相談するのがおすすめです。

転職だけでなく、キャリア相談も受け付けているので、直近での転職は考えていなくてもとりあえず登録だけでもしておくのがいいです。

 

>>レバテックキャリアの公式サイトへ【登録無料】

 

\たった3分で登録可能/

RELATED POST