エンジニア

【2021年版】RaiseTech(レイズテック)の評判とは?受講生のリアルな口コミとともに紹介

  • RaiseTech(レイズテック)って他のスクールと何が違うのだろう?
  • 本当にエンジニアスキルを身につけられるのだろうか…
  • RaiseTech(レイズテック)のリアルな評判や口コミが知りたい!

RaiseTech(レイズテック)が気になっているあなたは、本気でITエンジニアを目指そうとしているのではないでしょうか。

しかし、最近はプログラミングスクールが数多くあり、本当にRaiseTech(レイズテック)でいいのか悩んでしまいますよね。

 

そこで本記事では、RaiseTech(レイズテック)が気になっているあなたに向けて、RaiseTech(レイズテック)の受講者からのリアルな評判やメリット・デメリットを紹介していきます。

 

本記事を書いている私は、ITエンジニア歴4年で現役のITエンジニアです。

ITエンジニアの育成や採用業務にも携わっているので、ITエンジニアに必要なスキルセットや転職事情にもそこそこ詳しいです。

他のプログラミングスクールとの比較や現役エンジニア視点からおすすめする理由も解説するので、RaiseTech(レイズテック)が気になっているあなたに参考になるはずです。

 

結論から言うと、RaiseTechは以下の人におすすめです。

RaiseTechがおすすめの人

・Javaを身につけて稼げるエンジニアになりたい人

・AWSスキルを身につけて自由な働き方を手に入れたい人

・WordPressで副業を始めたい人

おすすめである理由は、本文で詳しく解説していきます。

 

本記事を読めば、RaiseTech(レイズテック)のリアルな評判をまとめて確認することができます。

3分ほどで読み終わりますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

>>RaiseTech公式サイトへ【2週間無料トライアルの申し込み可能!】

 

\2週間の無料トライアルあり/

※無料トライアルはいつ終わるか分からないのでお早めに

 

Contents

RaiseTech(レイズテック)とは?

サービス名RaiseTech
学べるスキルJava、AWS、WordPress など
料金\207,000~\346,500
受講期間2ヶ月~4ヶ月(コースによって変わる)
受講形式オンライン講座
オンライン質問対応あり(月曜~日曜の10:00~24:00)
就職・転職サポートあり(無料)
公式HPhttps://raise-tech.net/

RaiseTechは、プログラミングの知識だけでなく、現場で使える実践的なノウハウも学べるプログラミングスクールです。

稼げる技術にこだわっており、

“案件が豊富である、単価が高い、これから人気が出る”

といった現場主義を徹底しています。

 

週1回のオンライン講座形式なので、平日に仕事があっても無理なく受講を続けられます。

学びたいスキルや範囲によって全部で5つのコースが用意されており、受講期間は2ヶ月~4ヶ月と短期間です。

講師は月単価80万円以上の現役エンジニアで、現場で使える実践的な技術やスキルを教えてくれます。

 

[2021年4月1日 追記]

RaiseTechのコースに以下の2つのコースが追加されました。

ITエンジニアだけでなく、WebマーケターやWebデザイナーになりたい方にもRaiseTechはおすすめですね。

>>RaiseTechの公式サイトを見る

 

挫折させないサポート体制

未経験・初心者の方がエンジニアを目指すのであれば、ある程度時間をかけてプログラミングのスキルを学んでいく必要があります。

独学だと、「どこから勉強していいのか、エラーが解決できない」などの悩みから、挫折してしまう方が多いです。

その点、RaiseTechであれば安心です。

■優秀な現役エンジニアがメンターになってくれる

■いつでもチャットで質問を無制限にできる

挫折しない仕組みがあるので、安心して学ぶことができます。

>>RaiseTech公式サイトへ【2週間無料トライアルの申し込み可能!】

 

\2週間の無料トライアルあり/

※無料トライアルはいつ終わるか分からないのでお早めに

RaiseTech(レイズテック)の3つの特徴

RaiseTechには、他のプログラミングスクールにはない魅力的な特徴が3つあります。

・月単価80万円のプロが教えてくれる

・現場での情報が知れる

・「自走」できる力が身につけられる

月単価80万円のプロが教えてくれる

RaiseTechの最大の特徴は「講師」です。

講師は月単価80万円以上の現役エンジニアです。

そんなプロのエンジニアになんと質問し放題なのです。

夜遅くに質問してもすぐに返信が返ってくるという評判もあり、親切丁寧に答えてくれてくれます。

受講者が挫折しやすいポイントなども把握してくれているので、初心者でも安心して受講することができます。

現場での情報が知れる

講師の方はみな現役のエンジニアなので、現場で本当に求められるスキルや最新のトレンドなどを普段の講義の中で聞くことができます。

実際の現場にいないと分からないことが聞けるというのは、転職活動の際にも活かせるのでありがたいですよね。

定期的に講師の方や他の受講生の方とのオンライン交流会なども開かれるので、有益な情報を得られる機会は他のプログラミングスクールと比べるとたくさんあるでしょう。

「自走」できる力が身につけられる

ITエンジニアとして仕事を進めていくのに重要なことは「自走」できるかです。

つまり、自分の力でなんとか解決する力ということ。

講義の後には課題が出されますが、講師の方が手取り足取り教えてくれるわけではありません。

最低限の説明やヒントなどは教えてくれますが、それ以外は自力でやってみるというのがRaiseTechです。

受講し始めの頃は戸惑うかもしれませんが、ITエンジニアとして働く上で必要な「自走」できる力が養えるのは、現場で本当に求められるスキルが学べるRaiseTechならではでしょう。

>>RaiseTech公式サイトへ【2週間無料トライアルの申し込み可能!】

 

\2週間の無料トライアルあり/

※無料トライアルはいつ終わるか分からないのでお早めに

 

RaiseTech(レイズテック)の良い評判・口コミ

RaiseTechの良い評判・口コミからまずは紹介します。

卒業後について

おそらく一番気になるのは、受講者が卒業後に成果を出しているかでしょう。

RaiseTechの場合は、卒業後の成果について良い評判が多かったです。

以下が受講者の口コミです。

卒業後にすぐに案件を獲得!

RaiseTechで高単価案件を獲得!

面接は3社受けて全部通過している!

卒業して間もない時期に案件ができ、AWSだと未経験でも高単価の案件に入ることができています。

面接に関しては、3社受けて全て通過していますね。

独学で学んで転職活動をした場合、スキルの証明が難しいですが、RaiseTechで体系的に学んだ知識は、企業からも評価されているという証拠です。

 

カリキュラムについて

カリキュラムについても良い評判が多いです。

以下、受講者の声です。

「現場で使えるエンジニアを育てる」というよくできたカリキュラム

現場で通用する力が十分身につく

この方たちの口コミを見てもらうと分かりますが、やはりRaiseTechのカリキュラムは本当に現場で通用するものなのだということが分かります。

特に後者の方は、RaiseTechを卒業し、Javaを使ったエンジニアとして現場で活躍されています。

充実度が高く、満足できる内容になっているということですね。

 

講師について

最後にRiseTechでの一番の特徴でもある講師にた愛する評判ですが、こちらも良い評判が多いです。

以下、受講生の声です。

無料説明会で講師がすごいと分かる

質問は期待している1000倍で返してくれる!?

個人面談があり、講師とメンターの両方に相談できる

「活躍出来るエンジニアになる方法」をたくさん教えてもらえた

これら4つ全てに共通することは、「講師の満足度」が高いことです。

RiseTechでは、月単価80万円以上の優秀な現役エンジニアが在籍しています。

そんな講師の方が、受講生に対して親身にサポートしてくれるということが、この満足度の高さを物語っています。

「優秀な講師に教わり、親身にサポートしてもらいたい!」という方は、RaiseTechは後悔しないスクールになるはずです

 

RaiseTech(レイズテック)の悪い評判・口コミ

正直に言うと、あまり悪い評判はありませんでした。

あるとしても、学習内容について聞けないという受講生の声でした。

予想以上にきつく、予習&復習しないとついていけないかも

課題提出にいっぱいいっぱいで、十分に理解できないまま先に進んでいる感覚

手取り足取り教えてもらいたい人は向いていない

これはどこのスクールにも言えることですが、「RaiseTechさえ受講していれば、楽にエンジニアになれるだろう」という甘い考えは通用しないです。

短期間で稼げるエンジニアに楽になれるのなら、誰も苦労はしません。

最短で現場で通用するエンジニアになるためには、課題提出だけでいっぱいになるほどの学習は必要なのです。

 

なので、本気で稼げるようになりたい!という覚悟を持っていない方はRaiseTechを受講することをおすすめしません。

逆に覚悟を持っているのであれば、講師やカリキュラムが充実していて、サポート体制も抜群のRaiseTechは、あなたが望むキャリアを実現する手助けをしてくれるでしょう。

>>RaiseTech公式サイトへ【2週間無料トライアルの申し込み可能!】

 

\2週間の無料トライアルあり/

※無料トライアルはいつ終わるか分からないのでお早めに

 

RaiseTech(レイズテック)がおすすめな人

・Javaスキルで稼げるエンジニアになりたい人

・AWSスキルを身につけて自由な働き方を手に入れたい人

・WordPressで副業を始めたい人

最初に述べましたが、RaiseTechがおすすめな人は上記に当てはまる方です。

 Javaスキルで稼げるエンジニアになりたい人

RaiseTechでは、プログラミング言語でもっともメジャーなJavaを学ぶことができます。

Javaは、業務系の案件で使われることが多く、常駐して仕事することが多いので、自由な働き方をしたい方にはあまり向かないですが、その分案件数は多く、稼ぎやすいというメリットがあります。

会社で働くことが別に苦痛でないのであれば、稼げるJavaスキルを身につけられるRaiseTechで受講するのが良いでしょう。

AWSスキルを身につけて自由な働き方を手に入れたい人

AWSは、いま熱いクラウド技術です。

重要が高い技術なので、AWSエンジニアになれば単価が高くなります。

未経験でも月単価50万円の案件はあり、2~3年ほどの経験を積めば当たり前のように月単価80万円になることができます。

しかも、クラウドなのでインターネットが使えればどこでも作業できるので、比較的自由な働き方ができます。

なかなかAWSに特化しているプログラミングスクールはなく、現状だとAWSをガッツリ学べるスクールはRaiseTech一択になります。

AWSスキルを身につけて、自由な働き方で稼ぎたい方はRiseTechを受講しましょう。

WordPressで副業を始めたい人

RaiseTechでは、Webサイト制作に特化した「WordPress副業コース」が2020年にリリースされました。

Webサイト制作を副業で始めたい方やリモートワークで自由な働き方をしたいという方におすすめのコースです。

WordPressはWebサイトを作る上で必ずと言っていいほど使われます。

このブログ自体もWordPressで構築しています。

そんなWordPressはもちろんのこと、その周辺知識(HTML、CSS、Gitなど)もしっかり教えてくれるので、在宅で稼ぐために必要なスキルを実践的に学ぶことができます。

 

まとめると、「Java」、「AWS」、「WordPress」のいずれかを学び、その学んだ分野で稼げるエンジニアになりたい人にRaiseTechはおすすめです。

評判・口コミでもありましたが、RaiseTechの最大の特徴は「講師」です。

月単価80万円以上の講師から現場で役立つ知識・スキルを学びながら、親身なサポートも受けられる、そんな環境だからこそ最短で“稼げるエンジニア”になることができます。

>>RaiseTech公式サイトへ【2週間無料トライアルの申し込み可能!】

 

\2週間の無料トライアルあり/

※無料トライアルはいつ終わるか分からないのでお早めに

 

RaiseTech(レイズテック)がおすすめではない人

・Java、AWS、WordPress以外を学びたい人

・手厚く就職・転職サポートしてもらいたい人

・本気で稼げるエンジニアになりたい!という覚悟がない人

上記に当てはまる方は、RaiseTechの受講はおすすめしません。

Java、AWS、WordPress以外を学びたい人

先ほど述べた通り、RaiseTechはJava、AWS、WordPressを学べるスクールです。

なので、他のプログラム言語などを学びたい方は他のプログラミングスクールを選びましょう。

プログラミングスクールによって、メインで扱っている言語は違うので、下調べして見極めましょう。

参考:【確定版】無料体験できるプログラミングスクール5選

手厚く就職・転職サポートしてもらいたい人

二つ目は、上記の「手厚く就職・転職サポートしてもらいたい人」です。

なぜなら、就職・転職サポートがRaiseTechよりも手厚いスクールがあるからです。

例えばTECHCAMPでは、就職・転職できなかった場合、全額返金保証が受けられます。

このようなスクールであれば、就職・転職できなかった際のリスクを恐れずに学習に打ち込むことができます。

RaiseTechには受講後の就職・転職サポートがありますが、それは就職・転職を保証するものではありません。

あくまでも就職・転職するまでをサポートするだけです。

なので、学びたいものがJava、AWS、WordPress以外でもよく、どうしても就職・転職したい方、就職・転職の失敗が怖い方は、就職・転職に特化したスクールを選んだ方がおすすめです。

本気で稼げるエンジニアになりたい!という覚悟がない人

RaiseTechは、自学自習が前提なので、本気で稼げるエンジニアになりたい!という覚悟がないとついていくのが厳しいです。

簡単に短期間で稼げるエンジニアになれるのであれば、誰も苦労はしません。

RaiseTechのカリキュラムは、ぶっちゃけレベルはかなり高いです。

しかし、本当に現場で使われるスキルが身につけられるように考えられたカリキュラムだと思います。

最短で現場で通用するエンジニアになるためには、課題提出だけでいっぱいになるほどの学習は必要です。

その分、受講生が結果を出しているので、企業からの評判もいいです。

本気で稼ぎたい!という覚悟を持っているのであれば、これほど良いプログラミングスクールはないでしょう。

>>RaiseTech公式サイトへ【2週間無料トライアルの申し込み可能!】

 

\2週間の無料トライアルあり/

※無料トライアルはいつ終わるか分からないのでお早めに

 

RaiseTech(レイズテック)を受講する際の流れ

ステップ1:無料の説明会に参加する(参加しなくてもOK)

ステップ2:コースを選択し、公式サイトから申し込む

ステップ3:学習を始める(2週間の無料トライアルOK)

受講の流れは上記の通りです。

 

RaiseTechには計7つのコースがあります。

・Javaフルコース(2週間の無料トライアルOK)

・Java単体コース

・AWSフルコース(2週間の無料トライアルOK)

・AWS単体コース

・WordPress副業コース(2週間の無料トライアルOK)

・マーケティングコース(2週間の無料トライアルOK)

・デザインコース(2週間の無料トライアルOK)

Javaフルコース、AWSフルコース、WordPress副業コース、マーケティングコース、デザインコースの5つは、無料トライアルを受けることができます。

公式サイトのカリキュラムを見てもらうと分かりますが、単体コースよりもフルコースを受講することをおすすめします。

Javaエンジニア、AWSエンジニアとして現場で使える必要なスキルがしっかり身につく内容になっているためです。

フルコース、副業コースであれば2週間の無料トライアルを受けられるので、リスクなくお試しできます。

 

また、RaiseTechでは、無料説明会も実施しているので、各コースについて気になる方や受講に迷っている方は、まずは話を聞いてみるのがいいですね。

>>RaiseTech公式サイトへ【2週間無料トライアルの申し込み可能!】

 

\2週間の無料トライアルあり/

※無料トライアルはいつ終わるか分からないのでお早めに

 

RaiseTech(レイズテック)を受講して稼げるエンジニアになろう!

RaiseTech」では、短期間のうちに現場で使えるスキルを身につけることができ、“稼げるエンジニア”になれるスクールです。

RaiseTechで集中的に学習すれば、就職・転職だけでなく、副業や独立もできるエンジニアも目指すことができ、キャリアの幅が広がります。

その分、口コミにもありましたが、課題提出だけでいっぱいになるほどの学習が必要かもしれません。

しかし、本気で稼げるようになりたい!という覚悟を持って取り組むことができれば、RaiseTechは、受講者の評判の良さからも満足度が高く、後悔しないスクールです。

 

稼げるエンジニアになって、あなたが思い描いている理想の働き方を手に入れましょう!

 

そんな「RaiseTech」ですが、今なら2週間の無料トライアル期間として試すことができます。

無料説明会も開催されているので、迷っているならまずは説明を聞いてみましょう。

>>RaiseTech公式サイトへ【2週間無料トライアルの申し込み可能!】

 

\2週間の無料トライアルあり/

※無料トライアルはいつ終わるか分からないのでお早めに

RELATED POST