インフラエンジニア

【将来が不安な方へ】インフラエンジニアの将来性について【未来は明るい】

ITエンジニアと言えば、プログラミングをする、いわゆる「プログラマー」を想像すると思いますが、「インフラエンジニア」もITエンジニアの一つです。

Bさん
Bさん
現在インフラエンジニアだけど、将来食いっぱぐれないだろうか
Aさん
Aさん
インフラエンジニアってプログラマーと比べて将来性はあるのかな

本記事では、インフラエンジニアとしての将来が不安な方に向けて、インフラエンジニアの将来性と生き残るためにどうすればよいかを現役のインフラエンジニアが解説していきます。

 

現役のインフラエンジニアだけでなく、インフラについて気になっている方やインフラエンジニアを目指している方にも参考になると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

インフラエンジニアの取り巻く環境は変わってきている

インフラエンジニアの取り巻く環境は“これまで”“これから”で変化してきています。では、どうように変わってきているかを解説していきます。

 

これまで:オンプレミスが主流

これまでのインフラエンジニアはオンプレミスの構築や運用がメインでした。

オンプレミスとは簡単に言うと、サーバやソフトウェアを自分たちの敷地に機器を設置し、そこで運用することです。

 

規模が大きい企業だとデータセンターを構えていますが、そのデータセンターに機器を設置して運用しています。

自分たちで構築・運用できるメリットがある反面、人件費、土地代、電気代がかなりかかります。

また、サーバやネットワーク機器を調達するのに時間がかかることもデメリットの一つです。

現在:オンプレからクラウドへシフト

現在はクラウドの需要が高まり、これまでオンプレミスで構築・運用していたシステムがクラウドにシフトしています。

クラウドとは、インターネットを介して、ネットワーク、ストレージ、サーバ、アプリケーションなどのITサービスを提供する利用形態のことです。

クラウドを利用すれば、オンプレミスのデメリットである人件費を削減することができ、土地代、電気代をゼロにすることができます。

また、クラウドの最大のメリットとしては、従量課金制ですぐに利用できる点です。

スタートアップ企業が増えている中で、初期コストをかけずに素早くサービス提供できるというのは、競合他社に対して大きな優位性を生むことができます。

 

サービス内容が決まっているので、オンプレミスと比べるとカスタマイズに制限がありますが、インターネットが利用できれば誰でも簡単にコストをかけず利用できます。

将来:クラウドのシェアがますます増加

クラウドのシェアは今後さらに伸びていくでしょう。

国内クラウド市場 実績と予測

参考:https://www.m2ri.jp/release/detail.html?id=434

上のグラフを見てもらうと分かりますが、これまでもこれからも年々需要が増加しています。

Bさん
Bさん
市場規模が大きくなっているのが分かるね

そう、クラウドは成長市場なのです。

オンプレミスとクラウドのどちらにもメリットとデメリットがありますが、オンプレミスからクラウドへのシフトは今後ますます増えていくことは間違いないです。

 

インフラエンジニアの将来はどうなる?

以上を踏まえて、インフラエンジニアの将来はどうなっていくのかを解説していきます。

結論から言うと、インフラエンジニアの仕事はなくならないです。

なぜなら、どんなシステムでもインフラが無いと成り立たないからです。

クラウドの需要が増えていってもオンプレミスが全くなくなるということはありません。

 

しかし、先ほどのデータから分かる通り、オンプレミスの数が少なくなりクラウドが主流になることは間違いないです。

そうなると、今までオンプレミスだけをやっていたインフラエンジニアの需要は次第に下がってくるでしょう。

 

市場から求められるインフラエンジニアになるためには、時代の流れに沿ったスキルを習得することです。

例えば今回の場合だと、クラウドに対応したスキルを習得することです。

結論

インフラエンジニアの将来性は、時代の変化に対応できるスキルを身につけること

 

インフラエンジニアが将来も生き続けるためには?

では、インフラエンジニアのとして今後も生き続けるためにはどうすればいいのでしょうか。

具体的な方法をいくつかご紹介します。

 

パブリッククラウドのスキルを身につける

一番良いのはクラウドのスキルを身につけることです。

クラウドと言ってもオンプレミスと同様な考え方も多いので、インフラエンジニアとしてのスキルがあれば手っ取り早く習得することができるでしょう。

先ほど説明した通り、クラウドの需要が高まっているので、一番コスパがいいです。

クラウドにもいくつか種類がありますが、パブリッククラウドの需要が特に高まってきています。

その中でもパブリッククラウドのデファクトスタンダードと言われているAWSを学んでおけば間違いないです。

 

AWSを学ぶにはどうすればいい?

一番手っ取り早いのは、スクールに通うことです。

独学だとハードルが高く、挫折してしまうことが多いので、ちゃんとした講師の元でしっかり学ぶのが良いです。

スクールを通うと費用が掛かりますが、AWSを使えるエンジニアになれれば、高単価の案件はたくさんあるので、すぐに回収することができます。

 

おすすめのスクール

AWSが学べるスクールでは、RaiseTechがおすすめです。

RaiseTechでは、システムインフラの観点からAWSについてを学ぶことができるので、インフラエンジニアが学ぶべきカリキュラムが充実しています。

AWSフルコース(現場未経験者におすすめ)
AWS自動化コース(現場経験者におすすめ)

 

スクールは受講料がかかりますが、講師のサポートや就職支援などのサービスがついているので、長期的にみるとかなりお得です。

RaiseTechではそれ以外に2週間のトライアル受講があり、受講開始から2週間は全額返金保証付きです。

まずはトライアル受講するのが良いでしょう。

 

独学で頑張りたい人へ

独学で頑張りたいという方は、こちらに初心者向けのおすすめ入門書をご紹介しているので、参考にしてみてください。

>>【2020年版】AWS初心者におすすめの入門書5選

 

仮想化技術のスキルを身につける

クラウドの需要が高まってくるということは、クラウドサービスを構築する案件も増えていきます。

なので、クラウドを作れる人材になるのも一つの手ですよね。

クラウドで使用されている技術は様々なものがありますが、その中でも必ず使用されているのは仮想化技術です。

仮想化技術とは、ソフトウェアによって複数のハードウェアを統合し、自由なスペックでハードウェアを再現する技術のこと

 

主な仮想化技術

  • Hyper-V
  • VMware
  • Openstack

これらの技術を身につけることができれば、クラウドサービスを提供する側に求められる人材になれるでしょう。

 

プログラミングのスキルを身につける

インフラエンジニアがプログラミングを学ぶと抜きに出ることができます。

なぜなら、インフラもコードも分かる人材は少なく、需要が高いからです。

また、近年はインフラのコード化するInfrastructure as codeが主流になってきているので、この先インフラエンジニアがコードを書くことが当たり前になる時代が来るはずです。

 

プログラミングではあれば、短期間で集中すれば基礎的なスキルは身につけられるはずです。

短期間頑張ってその後の人生が良くなるのであれば、学んでおいた方がいいはずです。

【2020年版】初心者におすすめするプログラミング言語10選いざプログラミングを学ぼうと思ってもどのプログラミング言語を学べばよいかわからない初学者は少なくないでしょう。 ...

 

まとめ:将来に備えれば明るい未来が待っている

インフラエンジニアだけでなくITエンジニア自体が、人材不足がささやかれており、需要も高まっています。

しかし、変化が激しい業界なので、それに合わせて自分も変化しなければなりません。

オンプレ→クラウドと変化するようにインフラエンジニアもオンプレのスキルだけでなく、クラウドのスキルを身につけておくことで変化することができます。

 

時代に取り残されたくなければ、常に自分をアップデートしていきましょう。

今ここで頑張れば、明るい未来が待っています。

一緒に頑張ってきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。