Linux

【Linux入門】viコマンドの基本的な使い方【viエディタとあわせて解説します】

Linuxを操作する上で欠かせないのがviコマンド、そしてviエディタです。本記事ではviコマンド、viエディタについての基本的な使い方を解説していきます。ぜひ最後まで読んでいただき、Linuxユーザーとしてのスキルアップに役立ててください。

【2020年版】Linux初心者におすすめの入門書5選サーバーや開発環境など様々な用途で使用されるLinuxは、もはやエンジニアにとって必要不可欠なものであると言っても過言ではありません。 ...

viとは

viとは、Linuxを含むUnixベースのOSで利用できるテキストエディタです。

最小限のキー操作で様々な編集操作が効率よくできるという特徴を持っています。

Aさん
Aさん
Linuxは基本的にマウスではなくコマンド操作だから、viをマスターすると効率よくテキストを編集できるんだよ

 

viコマンドの使い方

“vi”はLinux標準のエディタ(viエディタ)を起動するコマンドです。

使い方は以下の通り。

$ vi ファイル名

 

ファイル名を指定することで、そのファイルを開くことができます。

指定したファイル名が存在しなければ、指定したファイル名のファイルを新規作成して開きます。

 

viエディタの使い方

viエディタの基本的な使い方を見ていく前にviエディタのモードについて解説します。

viエディタには

  1. ノーマルモード(コマンドモード)
  2. 編集モード

の2種類のモードがあり、それぞれで操作目的や操作方法が変わってきます。

viエディタ起動時はノーマルモードになっており、「i」キーを押すことで編集モードに切り替えることができます。

「Esc」キーを押すことで、ノーマルモードに再び切り替えることができます

これらモードを踏まえてviエディタの操作を見ていきましょう。

 

viエディタでの基本操作

まずはviエディタの基本操作です。

起動と終了

viエディタの起動についてはさきほど解説したviコマンドを使用します。

viエディタの終了方法ですが、viエディタのノーマルモード時に「:q」と入力し、「Enter」キーを押すことで終了します。

 

ファイルの保存

ファイルの保存する際は、ノーマルモード時に「:w」と入力します。

ファイルを保存してviエディタを終了する際は「:wq」と入力すれば、一度に処理してくれます。

また、「:q!」と入力すればファイルを保存せずに終了することも可能です。

 

Aさん
Aさん
ここまでの説明をまとめてみたよ
コマンド 内容
:q viエディタを終了する
:w ファイルを上書き保存する
:q! ファイルを保存せずにviエディタを終了する
:wq ファイルを保存してviエディタを終了する

 

viエディタでの編集操作

続いて、viエディタでの編集操作を解説していきます。

カーソル操作

viエディタでのカーソル移動は「h」、「j」、「k」、「l」キーを利用します。

コマンド 内容
h 左に移動
j 下に移動
k 上に移動
l 右に移動

もちろん矢印キーでも移動はできます。初めてviエディタを使う方にとっては抵抗を感じるかもしれませんが、慣れると作業効率が上がるはずです。

 

文字の削除

文字の削除ですが、「x」キーを押すことで1文字削除できます。

また、行単位で削除する際は「dd」と入力します。複数行削除したい場合は、「dd」の前に数字を入れることで、数字の行数だけ削除できます。

 

文字の入力

viエディタで文字を入力するには、先ほどノーマルモードから編集モードに切り替える必要があります。

Bさん
Bさん
たしか「i」キーを押すんだよね

編集モードになれば、入力したい文字をキーボードから打ち込むだけです。

 

viエディタでのコピー&ペースト

次にviエディタでのコピー&ペーストを解説していきます。

コピー

viエディタでコピーする際は「y」キーを使用します。

コマンド 内容
yy 行(複数行コピーする際は先頭に数字を入れる)
y0 カーソルの位置から行の先頭まで
y$ カーソルのある位置から行の終わりまで
yw カーソル位置の単語をコピー
yW カーソル位置の単語をコピー(:や%などを含む)

 

ペースト

カーソル行の上にペーストする際は「P」キー、カーソル行の下にペーストする際は「p」キーを使用します。

 

viエディタでの検索と置換

最後にviエディタでの検索と置換について解説します。

検索

viエディタで検索する際は「/」キーを使用します。「/」キーを入力すると画面に「/」が表示されます。その後ろに検索したい文字列を入力して、「Enter」キーを押すと入力した文字列を検索します。

 

置換

viエディタで文字列の置換を行う際は以下のコマンドを利用します。

:s/置換対象文字列/置換後文字列/

 

カーソル行で最初に合致した文字列を置き換えます。

カーソル行にあるすべての置換対象文字列と合致するものを置き換える場合は、上記のコマンドの最後にgを追加します。

 

viコマンド使い方:まとめ

今回はviコマンド、そしてviエディタについて解説していきました。なかなか一度で覚えるのは厳しいと思うので、繰り返し読んでいただき、手を動かしながらviを習得してください。

Bさん
Bさん
目指せ!viマスター!!
【簡単です】Linux環境を構築する方法【Virtual Box,teraterm】 「Linuxの勉強してかっこよくコマンドを打ちたいけど環境がない」 「WindowsのPCでもLi...
【2020年版】Linux初心者におすすめの入門書5選サーバーや開発環境など様々な用途で使用されるLinuxは、もはやエンジニアにとって必要不可欠なものであると言っても過言ではありません。 ...