Linux

【2020年版】Linux初心者におすすめの入門書5選

サーバーや開発環境など様々な用途で使用されるLinuxは、もはやエンジニアにとって必要不可欠なものであると言っても過言ではありません。

 

Aさん
Aさん
Linux学習をするにあたっておすすめの入門書が知りたい

 

Bさん
Bさん
挫折しない入門書があればいいな

 

本記事では、Linux初心者向けにおすすめの入門書を5つ紹介します。Linuxについて興味がある方、これから学習を始めようか考えている方はぜひ最後まで読んでみてください。

 

Linux初心者におすすめの入門書5選①:新しいLinuxの教科書

まず最初に紹介する本は『新しいLinuxの教科書』です。

本書はLinuxの基礎からセキュリティまで、Webサーバーを運用するために身に付けるべき知識をまとめた書籍です。現在は多くの現場でLinuxによるWebサーバーの運用経験がエンジニアにも求められています。本書ではCentOS 7とさくらのVPS(バーチャルプライベートサーバー)を使用して、実際に手を動かしながらWebサーバーを構築・運用しますので、初心者でも安心して実践知識を習得することができます。出典:Amazon内容紹介欄

Linuxの基礎だけでなく、Linuxを使用したWebサーバーの構築・運用もあわせて解説されており、現場で使える知識が身につくようになっています。

 

Aさん
Aさん
実践的な知識も習得できるんだね

 

前半ではLinuxの基本的なコマンドだけでなく、ネットワークについてなど基礎的な部分も学ぶことができます。後半では、実用的なWebサーバーの構築の中でLinuxだけでなくApache、MariaDB、PHPなどを一通り学ぶことができるので、まさに初心者にはおすすめの一冊です。

  • Linuxだけでなくネットワークなどシステムインフラの基礎部分も学べる
  • Webサーバーの構築から運用までの実用的な知識を習得することができる
MS-DOSを知らない世代のエンジニアに向けたLinux入門書の決定版。Linux自身の機能だけでなく、シェルスクリプトを使ったプログラミングや、Gitによるソフトウェア開発のバージョン管理など、イマドキのエンジニアなら知っておくべき知識についても、丁寧に解説しました!!

Linux初心者におすすめの入門書5選②:1週間でLPICの基礎が学べる本

2冊目に紹介する本は、『1週間でLPICの基礎が学べる本 第3版 (1週間シリーズ)』です。

Linuxの資格として広く知られているLPICですが、あまり知識の無いまま試験対策を始める人も多いのではないでしょうか。しかし、試験対策書は試験範囲についてのみ解説しているものが多く、初心者が理解するのは困難です。本書は、初心者がスムーズに試験対策を行えるよう、事前に基礎固めを行うためのLinux入門書です。試験情報や模擬問題も掲載しているので、資格取得を視野に入れた効率的な基礎学習が行えます。出典:Amazon内容紹介欄

LIPC、LinuC試験対策本です。

LIPC、LinuCとはLinux技術者認定資格です。

 

Bさん
Bさん
資格の試験対策本だけど参考になるの?

 

本書は、LPICやLinuCの試験対策を行う前段階であるLinuxの基礎中の基礎に焦点を絞って、学習できるような内容になっています。まったくLinuxに触れたことがない方でもたった1週間で学習できる構成になっているので、初心者でも挫折せずに学び続けられるおすすめの入門書と言ってよいでしょう。

  • まったくLinuxに触れたことが無くても大丈夫
  • 1週間で学ぶことができる
  • 資格取得も視野に入れることができる
Linuxの資格として広く知られているLPICですが、あまり知識の無いまま試験対策を始める人も多いのではないでしょうか。しかし、試験対策書は試験範囲についてのみ解説しているものが多く、初心者が理解するのは困難です。本書は、初心者がスムーズに試験対策を行えるよう、事前に基礎固めを行うためのLinux入門書です。

 

Linux初心者におすすめの入門書5選③:LPIC教科書 LPICレベル1

3冊目に紹介する本は、『LPIC教科書 LPICレベル1』です。

LPI-incの認定テキストとして出題範囲を万遍なくかつ分かりやすく解説するとともに、

  • 「101試験」「102試験」の2試験に対応
  • 章ごとに学習内容を確認するための練習問題を収録
  • 本試験に向けての腕試しとして「101」「102」の模擬試験を各1回分収録
  • Linux実習環境を翔泳社Webサイトからダウンロード可

といった特長を持ち、LPIC試験の対策書として、またLinuxの学習書としても有用な1冊です。出典:Amazon内容紹介欄

こちらもLPIC、LinuC試験対策本になります。なぜこちらを紹介するかというと、Linuxの知識に関して体系的にまとまっており、資格勉強だけでなく、Linux学習としても良書だからです。

例題の後にしっかりとした解説が記載されているため、ただ問題をこなすというよりはしっかりとLinuxの内容も学んでいくことができる構成になっています。

先ほど紹介した『1週間でLPICの基礎が学べる本』とともに手を取ることで、Linuxの理解度はかなり深まることでしょう。

  • Linuxに関して体系的に学ぶことができる
  • 資格取得も視野に入れることができる
LPIC(Linux技術者認定)は、世界共通のIT資格として非常に人気の高い資格です。中でもレベル1は、グローバルなITエンジニアへの登竜門と位置付けられます。

Linux初心者におすすめの入門書5選④:入門者のLinux

4冊目に紹介する本は、『入門者のLinux 素朴な疑問を解消しながら学ぶ (ブルーバックス)』です。

本書は、Linuxを学ぼうとする人の多くが知りたいと思う「Linuxってどういうものなのだろか」を主なテーマに書かれたものです。

「進学や就職などの事情で、Linuxを使わねばならなくなった!」

「Raspberry PiでLinux系のOSを使い始め、コマンド操作に興味を持った!」

「WindowsやMacはある程度使えているから、今度はLinuxも使えるようになりたい!」

といった方々が、「Linuxらしい使い方」を心地よく理解できるように構成されています。参考出典:Amazon内容紹介欄

本書では、Linuxを使ったシステム開発やシステム運用を始めるにあたり、そもそもLinuxとは何かということが解説されています。Linuxを使用する際の基本的な考え方を身につけることができるので、これから学んでいこうと考えている方はぜひ手に取ってほしい入門書です。

 

Aさん
Aさん
値段もお手頃で厚さもないから気軽に読めるね!

 

  • 初心者が知っておくべきLinuxの基礎が体系的に分かる
  • 初心者向けの構成なので挫折しにくい
本書は、Linuxを学ぼうとする人の多くが知りたいと思う「Linuxってどういうものなのだろか」を主なテーマに書かれたものです。

Linux初心者におすすめの入門書5選⑤:ゼロからはじめるLinuxサーバー構築・運用ガイド

最後に紹介する本は、『ゼロからはじめるLinuxサーバー構築・運用ガイド 動かしながら学ぶWebサーバーの作り方』です。

本書はLinuxの基礎からセキュリティまで、Webサーバーを運用するために身に付けるべき知識をまとめた書籍です。現在は多くの現場でLinuxによるWebサーバーの運用経験がエンジニアにも求められています。本出典:Amazon内容紹介欄

本書では、CentOS7とさくらのVPSを利用して実際に手を動かしながらWebサーバーの構築および運用を行うので、Linuxの基礎的な知識だけでなく実践的なスキルを身につけることができます。

また、最終的にはDockerでコンテナの作成まで習得できるため、Linuxとともに使用する技術スキルの習得も期待できます。

  • Linuxの基礎から実践的なスキルを学ぶことができる
  • Linuxだけでなくそれを活用する技術を学ぶことができる
本書はLinuxの基礎からセキュリティまで、Webサーバーを運用するために身に付けるべき知識をまとめた書籍です。現在は多くの現場でLinuxによるWebサーバーの運用経験がエンジニアにも求められています。

Linux初心者におすすめの入門書5選:まとめ

今回はLinux初心者向けにおすすめの入門書を5冊紹介していきました。Linux学習では実際に手を動かすことが大切です。今回紹介した入門書はどれも良書なので、気になった1冊を手に取って学習してみることをおすすめします。最後まで読んでいただきありがとうございました。